ブログBlog

Blog

Home > ブログ > 上司から急なお願いをされたとき…

キャリア

上司から急なお願いをされたとき…

こんにちは。Career-Nowの志村亜希子です。
今日は、上司から「●●さん、急で悪いんだけれど、これお願いしてもいい?」と声をかけられたとき…の返事についてお話ししたいと思います。

仕事量が多い、いっぱいいっぱい、いつも悪いタイミングで声をかけられている、そう思っているあなたへ、ちょっとした返事のコツをお伝えしたいと思います。
 
 
※写真は【写真AC】を使用しています。写真を提供してくださってる皆さまありがとうございます。

目次

どんなときに上司から声がかかりますか?

上司から声がかかるとき、だいたい何か作業中の時が多くありませんか? 
上司は、すでにあなたが仕事を抱えていることは知っています。だけれども、声をかけてきたのです。
「●●さん、急で悪いんだけれど、これお願いしてもいい?」

「うっわ~今か?!どうしよう、いっぱいいっぱいだ」内心、そんな気持ちでも、ぜひ笑顔をかえしてみましょう。
(作り物でも大丈夫です。見破られても大丈夫です。笑顔で返すことがとっても大事です。笑顔はストレスが軽減する魔法です^^。今、新たな仕事がふりかかってドキドキしているあなたには、ストレス軽減の魔法が必要なのです)

 
さて、あなたはどのように返事をしますか???

あなたの返事は?

上司から「●●さん、急で悪いんだけれど、これお願いしてもいい?」と聞かれたあなたは…


①「後でやります」
②「はい、すぐやります」
③「はい、わかりました。 今△△に取組み中なので、□時まで取り掛かりますが、よろしいでしょうか?それとも、今やっている案件より先にとりかかったほうがいいですか?」




たとえば①~③のうちだったら、皆さんはどのように回答しますか?

こんな返事はいかがでしょうか?

①「後でやります」→(上司のこころ)後でっていつやってくれるのかな?だいじょうぶかな?でもやるって言ってるし、任せるか。【1時間経過】終わったか?え?まだなの?後でって結局いつやるの?

②「はい、すぐやります」→(上司のこころ)助かる!ありがたい…【1時間経過】あれ?すぐやるって言ったのにまだできてない!いったいいつできるんだ??? せっかちな上司だと、10分おきに「あれ、できた?」と聞いてくることがあります。。。。。涙

③「はい、わかりました。 今△△に取組み中なので、□時まで取り掛かりますが、よろしいでしょうか?それとも、今やっている案件より先にとりかかったほうがよろしいでしょうか?」→(上司のこころ)そうか、今やっている業務もあるし、□時までにやってくれるなら頼もう。【1時間経過】特に何もアクションなし【□時間経過】お、できたのか!助かるありがとう!やっぱり信頼できるな、また頼もう。

あなたは今、目の前に抱えている仕事もあります。
今のあなたの状況を伝え、そのうえで、新たにお願いされた仕事が何時に仕上がるか回答することがとても大切です。また、上司が何時までに仕上げることを希望しているのか、ということもとても大事なことの一つです。

 
上司もあなたも一人の別個の人間です。ですから、あなたの状況全てを理解しているとは限りません。
上司なのにわからないの?!そのように思いたい気持ちもあるかもしれませんが、あなたが今週、今月取り組んでいるタスクを大きな枠組みで管理していたとしても、今、今日『急なお願いごとが依頼できる状況』かどうかまでは管理していないことは多いです。例えば、あなたがさっきまで部下から相談を受けていた、他所管と話し合っていた、会議資料を印刷していた、社外からの電話対応をしていた…など、そこまでの具体的な現状までわからない、だからあなたにお願いして良いか聞いている、というイメージです。

 
そのため、何か依頼を受けたときは、
〇現状を伝える
〇いつまでならできる (〆切を聞く)
〇今やっている仕事とどちらを優先してやるべきか、

を聞くと良いでしょう

あなたとのやりとりを通して、この件を、あなたに依頼する/別の人に依頼する、を上司は判断します。
ですので、正しく現状を伝え、また、時間を確認することは、あなた自身を守るだけでなく、上司の立場に立っても、適切に業務を配分することできるので、両方にとってメリットです。
 
 
このやり取りをするだけで、あなたの時間×業務量のストレスは格段に減ります。ぜひやってみてください。

マジメなこころがあなたを苦しめてませんか?

「上司に依頼されたら、信頼に報いるため、すぐやらなくては、という気持ちになる」「自分が今抱えている仕事と時間を伝えて、他の人に仕事が回されると、自分ができないのでは?と不安になる」…そんな方は、もしかして、自分のフレーム(解釈)に囚われてしまっているのかもしれません。
 
社内では上司・部下の関係ですが、わたしも上司も一人の人間です。考えていることは同じようで違う。
だからこそ、適切に伝えることがとても大事です。
 
わかっているが、できそうにない…そんな方は、Career-Nowにご相談ください。
職場での対人関係が会社を辞めたい理由No1だそうです。このように、コミュニケーションについて多くの方が悩んでいますが、ちょっとしたことでかんたんにできるようになります。


社内であなたの考えや想いを、フラットな気持ちで「適切に」伝える、心地よさを体験してみませんか?
Career-Nowは、あなたが気持ちを伝えられるようサポートいたします。
無料相談受け付けています。仕事に関するお悩みであれば、どんなことでもご相談ください。

シェアするShare

ブログ一覧