志村亜希子

こんにちは。
国家資格キャリアコンサルタントの志村亜希子です。タイトルを見てあなたはどのように感じましたか?頑張って働いているあなたにぜひお伝えしたい「依存」のお話です。一人でがんばらなくてはいけない、その概念をくるり、変えてみませんか?
志村亜希子についてはこちら

依存と聞いて何を思い浮かべますか?

あなたは「依存」という言葉を聞いてどのように感じますか?

甘えているように感じる
人に依存してはいけないものだ
社会人として自立していないようだ
子供が親に依存している
アルコール依存…  など

ひょっとして「依存」という言葉にはあまり良い印象がないのかもしれません。
かく言うわたしも、かつては、依存してはいけないんだ、と思っていました(;^_^A

職場でがんばっているあなたがもっと真価を発揮できるように 職場での人間関係がもっと良好になるように あなた自身がもっとリラックスして働けるように
 

今日は、「依存」についてお伝えしたいと思います。

依存=自立

依存=自立、どういうことでしょうか。

『自立とは、依存先を増やすこと』
東京大学先端科学技術研究センターの熊谷晋一郎氏によると『「自立」とは、依存しなくなることだと思われがちです。でも、そうではありません。「依存先を増やしていくこと」こそが、自立なのです。これは障害の有無にかかわらず、すべての人に通じる普遍的なことだと、私は思います』

 
え!そうなの?とあなたは驚きましたか?わたしはこの文章を初めて読んだとき、とても衝撃を受けました。
なぜなら、わたしは誰にも頼らずに生きていくことが自立だと、そのように思っていたからです。
もう少し早く知っていたら、もうちょっとだけラクに、リラックスして生きていけたかな、と思ったので、ぜひお伝えしたいと思いました。

 
わたしたち人間は、とても弱い生き物で、病気になってしまったりケガしてしまったり、ストレスを抱えてしまったり、いろいろな身体的・精神的ダメージをよく受けまます。 そんなダメージを受けても、わたしたちがなんとか生き延びてこれたのは、私たち人間には「支えあう、依存しあう」そんな能力があるからです

それでもどうしてもできないときは…

それでも、どうしても会社に依存できない場合もあると思います。

そんなときは、わたしたちCareer-Nowに頼ってみててください。
自分の気持ちがわからない
何から相談していいかわからない
上司にどう伝えていいかわからない
どのような言葉にしていいかわからない
など仕事に関するお悩みは遠慮なくご相談ください。
わたしたち国家資格キャリアコンサルタントが、
あたなの気持ちが「適切な言葉」で「適切な相手」にきちんと伝えられるようサポートします。

会社は辞めたくない。だけれどもどうしていいかわらかないモヤモヤした気持ちがある…
ということであれば、一度ご相談してみてください。
あなたがリラックスして仕事をすることができますように、心から応援しています!

キャリアコンサルティングを通じて、自分の適性や能力、関心などに気づき、自己理解を深めるとともに、社会や企業内にある仕事について理解することにより、その中から自身に合った仕事を主体的に選択できるようになることが期待できます。組織内では、必ずしも自身の希望が叶うわけではありませんが、自身の潜在的なキャリアのニーズに気づき、仕事や能力開発の機会などを通して視野を広げ、自身のキャリア形成を考えていくことが大切です。
キャリアコンサルティングを通じて自身のキャリアプランを明確にし、そのために必要な知識・資格の習得や仕事の選択を行うなど、自身が希望するキャリアの道筋を実現していくための有力な手段の一つとして、キャリアコンサルティングを活用することができます。

厚生労働省ホームページより