ブログBlog

Blog

Home > ブログ > パワーハラスメント

キャリア

パワーハラスメント

こんにちは。
キャリアコンサルタント志村亜希子です。

2020年6月1日より、パワーハラスメント防止対策が強化(大企業)されました。
正式名称は「労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律」(略称:労働施策総合推進法)
中小企業は2022年4月1日から義務化されます。

 

 

雇用環境・均等局が令和元年9月18日に出したハラスメント防止対策に関する参考資料によると、
○過去3年間にパワーハラスメントを受けたことがあると回答した従業員は、32.5%
思ったより多いですか?少ないですか?

 

わたしは、思ったより多かったです。
従業員の約3人に1人が、過去3年間にパワハラを受けた、と思っているのか!と。

 

あなたは、実際に上司からパワハラを受けたり、または目にしたり、聞いたことがありますか。
・毎回、皆の前で長時間叱責を受けている
・上司の機嫌が悪いと、ゴミ箱を蹴飛ばしたり、ペンを投げてくる
・人格を否定するようなことばかり言われる
・明らかに業務と関係ない買い物を指示された
・私的な情報をほかの労働者に暴露された…など

 

自分のことでも、同僚のことでも…パワハラが原因で、上司や同僚に対する信頼ができなくなる、仕事への意欲が低減してしまうというのはよくあることです。

 

従業員の約3人に1人が、過去3年間にパワハラを受けた、と思っている今の時代。
パワハラという言葉が一般化され、広く認知されるようになった今だからこそ。理解を深めて、いざというときに。自分や家族、知人を守ることができるよう、少しだけいっしょに勉強しませんか。

目次

パワハラって何?

厚生労働省によると、
職場における「パワーハラスメント」(以下、パワハラ)とは、
①優越的な関係を背景とした言動であって、②業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、③労働者の就業環境が害されるものであり、上の①~③までの要素をすべて満たすものをいうそうです。

主なパワハラのパターンは以下の6つ。
1)身体的な攻撃:殴打、足蹴りを行う。相手に物を投げつける、など
2)精神的な攻撃:必要以上に長時間にわたる厳しい叱責を繰り返し行う、など
3)人間関係からの切り離し:1人の労働者に対し、同僚が集団で無視をし、職場で孤立させる、など
4)過大な要求:到底対応できないレベルの業績目標を課し、達成できなかったことに対し、厳しく叱責する、など
5)過少な要求:気に入らない労働者に対する嫌がらせのために仕事を与えない、など
6)個の侵害:労働者を職場外でも継続的に監視する、など

パターンの事例はあくまで事例です。職場におけるパワーハラスメントに該当するか微妙なものはとても多いでしょう。さらに、主な6つのパターンどれかに該当している、かつ、上の①~③をすべて満たしていることが、パワハラということになるので、実際はいち従業員が判断するのは、とても難しいことではないかと思います。


もし、パワハラによって
心が病んでしまっては、正常な心理状態で話し合うことができなくなってしまうでしょう。思っていることが、思うように口に出せない。自分の気持ちが違うのではないか…自己肯定感喪失にもつながってしまいやすいです。
 
「これはパワハラに該当するのかな?相談してもいいのかな?」と思うことがあれば、仕事を継続するのがしんどくなるほどつらくなってしまう前に、打ち明けられる社内、または社内に相談相手がいなければ社外に相談しましょう。あなたが心身ともに健やかに働けることがいちばんたいせつなことなのです。

どこに相談すればいいの?

・会社や労働組合に相談窓口がない
・相談したけれど、取り合ってくれなかった
・会社に相談すると不利益がありそうでなかなか相談できない

そのような方はとても多いと思います。
会社の外部に利用できる相談窓口があるので、利用してみましょう。
 

~利用の流れ~
(総合労働相談コーナーの場合)
勤務なさっている会社最寄りの労働局または労働基準監督署に総合労働相談コーナーがあるので行ってみましょう。または、電話でも相談ができます。

相談員の方が対応してくれます。直接行く時間がない、恥ずかしい、などいろいろあると思います。その場合は電話でも良いので相談してみましょう。頭の中をまとめて、相談員の伝えるだけでも、気持ちが軽やかになるでしょう。勇気を出して相談してみましょう
 

ちなみに、パワハラが起きた事実関係を整理しやすいよう自分で整理してから相談に臨むと、落ち着いて相談員につたえることができます。
・ハラスメントだと感じたことが起こった日時
・どこで起こったか
・どのようなことを言われたのか、強要されたのか、誰に言われたのか、強要されたのか
・誰か見ていたか  など

わたしたちCareer-Nowができること

わたしたち、Career-Nowができること。

残念ながら、わたしたちは、あなたの職場で起きているパワハラについて解決することができません。
しかしながら、あなたが、職場で困っていること、モヤモヤしていることを、誰かに言いたいけれど言えないこと、頭の中で絡まってしまっている糸を一本一本ほぐしていくように、あなたが、職場で感じていること、思っていることを、「言葉として」「理解し」「伝えられるように」応援します。
 
そして、話すことによってスッキリ、明日への活力につながるように応援することはできます。
 

あなたが一生懸命悩んで勇気を出して相談するほどのことですので、モヤモヤは決して単純ではないことが多く、1回のセッションでスムーズに解決!というわけにはいかないこともあります。しかしながら、1回のセッションで、わたしたちと対話をすることをとおして、あなたの心が軽やかになるよう、最大限のお手伝いさせていただきます。

 
20分間の無料体験があります。もし、話しがスムーズに流れている場合は、そのままセッションを継続しますが、ご納得いかない場合は途中でストップすることもOKです。


気負わず、仕事のお悩みはCareer-Nowまでお問い合わせください。
 
 
Face bookで「@career55」をフォローしてくださると、ブログ更新や最新の情報を知ることができます。よかったらフォローくださいね。

シェアするShare

ブログ一覧