ブログBlog

Blog

Home > ブログ > あなたの価値観は?

キャリア

あなたの価値観は?


こんにちは。
キャリアコンサルタントの志村亜希子です。

 

あなたは働くときにどんな価値観で働いていますか。
昇格したい
スキルアップしたい
自由に働きたい
安定を望んでいる

いろいろな価値観があることと思います。
価値観とは多様であり、どれも大切ですよね。

 

働き方の価値観を知るための研究はたくさんありますが、その中でも、今日は、キャリア・マネジメントの世界ではとても有名なエドガー.H.シャイン博士による「キャリアアンカー」をご紹介します。
シャイン博士によると、実際の仕事とキャリアの状況が一致しているということが、理想的な状態だそうです。自分の傾向を知っておくことで、働き方が少しだけラクになるかもしれません。

 

 

『シャイン博士が語るキャリア・カウンセリングの進め方』という本を参考に、シリーズで「キャリアアンカー」のご紹介をします。博士の紹介する8つのアンカータイプ、あなたはどのアンカーにあてはまりますか?

 

 

それではさっそくいっしょに見てみましょう。

目次

エドガー.H.シャイン博士とは

エドガー.H.シャイン博士(以下、シャイン博士)とは、アメリカ出身で、組織心理学という新しい分野を開拓したことで有名で、組織と個人の相互作用という視点での研究してきました。


シャイン博士は「企業」という組織が、個人にどのように影響を与えるかについて研究したいと思い、自分の教え子である大学院の卒業生45名を研究対象にインタビューを行い、1年後に追跡したところ、会社の価値観に影響を受けていたのはわずか6,7名だったそうです。これはシャイン博士が想定していたよりも少なく、シャイン博士はとても驚きました。6,7名を除き、その他は転職や会社勤めを辞める、大学に戻るなどの傾向があったそうです。つまり、多数の人が1年間で「これが自分に求めていた働き方なのか?」と疑問を持つことに気づいたのです。

 
さらに、卒業5年後の追跡により、多種多様な会社や職種を経験した45名の学生が30代半ばになるとだんだんキャリアも固まってきて、さらに卒業13年後の追跡では、マネジメント、技術職など多様な職種を歩んで、価値観も定着してきたことがわかったそうです。


仕事や社会での実体験により形成された価値観が、キャリア選択の道しるべにもなったり、一方で足かせになっていることもある、とシャイン博士は気づき、このようなセルフイメージを「キャリアアンカー(アンカー:船の錨)」と名付けました。


本来であれば、企業側が個人の特性をも踏まえ、人員配置できることが望ましいですが、わたしたち自身も多くの時間を「働く」ということに充てています。また、人生100年時代と言われ、働く期間も長くなることでしょう。経験を重ねる中で変化していくこともあるかもしれませんが、今の自分の価値観や傾向を知っておくことで、「より主体的に」働き方を選べる自分になれるかもしれません。
 
 
それでは、「キャリアアンカー」の8つのタイプを見ていきましょう。

「キャリアアンカー」8つのタイプとは

キャリアアンカー8つのタイプのうち2つをご紹介します。


①専門・職能別コンピタンス
このアンカーの人たちは、自分の得意分野で能力を高めたいと思っています。報酬は、同程度の能力を持った人と同じくらいほしいと思っているので、もし他社であっても、同程度の能力にもかかわらず自分より高い給料をもらっている人がいる場合は不公平に感じます。一方、自分と異なった分野の人が自分より良いお給料をもらっていても構わないと感じています。
このアンカーの人にとって、最も重要なことは自分の専門能力を高める機会がある仕事をすることです。自分の専門領域でどんどん挑戦したいと思っています。自分の専門外の人から褒められてもあまり意味がなく、自分の専門を理解している人、同じ専門分野の人から評価されたいと考えています。専門分野での専門家として認められることが非常に重要です。
 

もし、あなたがこのタイプなら、上司から管理職への昇進が持ちかけられたら、慎重に検討したほうがいいでしょう。管理職としてゼネラリストになることが求められ、専門分野だけで働くことはあきらめなくてはならなくなるからです。このアンカーにとって、「本当に専門職になりたいか、それとも、自分の専門分野にとどまりたいか」という問いは非常に大事です。しかしながら、もし、勤め先に、管理職以外の専門職としての昇進していけるようなシステムがないようであれば、専門にこだわって突き進むのが必ずしもいいとは言い切れない場合もあるため、特に慎重に検討をしましょう。
(例)エンジニア、セールスマンなどに多いです
 
 
 
②全般管理コンピタンス
このアンカーの人たちは、どれだけ昇進できるかということ、そして、自分のもとに部下が何人いるか、ということで自分自身を評価しています。自分の裁量権が増えることや任される予算が増えることに喜びを感じます。そして、何より大事なことは、上司から評価をされることです。
給与は、自分が部下よりどれくらい多く貰っているかということも、自分の成功を測るポイントになります。
このアンカーの人たちは、①専門・職能コンピタンスとは対照的です。


あなたがこのタイプの場合、ゼネラルマネージャーを目指すことが多いでしょう。ゼネラルマネージャになるためには、高いモチベ―ションを保てること、情報分析能力を備えていること、そのうえで、1対1やグループでのコミュニケーション力が高いこと、感情のコントロールができることが必要となります。時には二人の部下のうちどちらかをクビにしなくてはならない、そういった決断もありえる、ということを理解したうえで、目指すことが大事になってきます。
(例)社長、幹部、役員、重役などに多いです。




ほかのアンカーについては、次回、ご紹介しますね。

もし仕事でお悩みのことがあれば…

わたしたちCareer-Nowにご相談ください。
自分の気持ちがわからない
何から相談していいかわからない
上司にどう伝えていいかわからない
どのような言葉にしていいかわからない
など仕事に関するお悩みは遠慮なくご相談ください。
わたしたち国家資格キャリアコンサルタントが、あたなの気持ちが「適切な言葉」で「適切な相手」にきちんと伝えられるようサポートします。


会社を辞めたいわけではない。だけれどもどうしていいかわらかないモヤモヤした気持ちがある...ということであれば、一度ご相談ください。


初回20分無料です。『お問い合わせ』より「本文:相談したい」とご記入ください。
☆メルマガ登録ご希望の方もお問い合わせより、『本文:記入不要』で登録できます。



あなたが健やかな気持ちで仕事をすることができますように、心から応援しています!

Face Bookにて「@career55」をフォローいただきますと、最新記事のアップを知ることができます。
よかったらフォローくださいね。

もし従業員さまの育成でお悩みのことがあれば…

わたしたちCareer-Nowにご相談ください。
従業員の気持ちがわからない
ターンオーバーが激しい
人事面談が対話ではなく説得になっていまう
忙しくて、従業員に面談する時間が取れない
など仕事に関するお悩みは遠慮なくご相談ください。
わたしたち国家資格キャリアコンサルタントが、大切な従業員さまと対話し、一人ひとりが健やかな気持ちで働けるようサポートします。


事業を長く発展継続させるために、従業員を育てたい、ということであれば、一度ご相談ください。


初回20分無料です。『お問い合わせ』より「本文:育成の相談したい」とご記入ください。
☆メルマガ登録ご希望の方もお問い合わせより、『本文:記入不要』で登録できます。

あなたの従業員さまが健やかな気持ちで仕事をすることができますように、心から応援しています!

Face Bookにて「@career55」をフォローいただきますと、最新記事のアップを知ることができます。
よかったらフォローくださいね。

シェアするShare

ブログ一覧