志村亜希子

こんにちは。
キャリアコンサルタントの志村亜希子です。
わたしたちCareer-Now(キャリアナウ)のキャリアコンサルティングについてご紹介いたします。
志村亜希子についてはこちら

今日、企業さまと打ち合わせをさせていただい際、キャリアコンサルタントってどんなお仕事なの?と聞かれました。認知度がまだ低い資格であり職業だと改めて感じました。

職業能力開発促進法 第一章第二条-5によると、『「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいう。』と書いてあります。

わたしたちCareer-Nowは、個人の視点では、「幸福感、満足度の高い働き方を実現する」。企業の視点では、「従業員それぞれの価値観で働きつつ、個人の生産性を高めていく」。ということをサポートしています。具体的には、個人面談を行う、人事制度作りをともに行う、などをさせていただいています。相談いただいた方や企業さまは、それぞれ抱えている問題が異なりますので、1件1件、真摯に向き合いながら、それぞれに合ったサポートを心がけています。

キャリアコンサルタント数は今とてもすごい勢いで増加していて、現在5万2000人(2020年5月現在)います。厚生労働省は、平成36年度末に10万人とする数値目標を設定しています。キャリアコンサルタント増員の主な背景としては、少子高齢化、経済のグローバル化・ボーダレス化、社会技術の変化や高度化、将来の不確実性(職業の多様化、働き方の多様化、終身雇用ベースでなくなる傾向)の高まりです。また、所得の増大が必ずしも幸福につながらない、プロセスや権限、地位、認められることに喜びを得る、家庭との両立が大事、など、働く人一人ひとりの価値観が変わってきたことも、大きな背景のひとつです。

キャリアコンサルタント資格は、まだ認知度の低い資格であり、職業としても、正直なところ、まだまだ発展途上。キャリアコンサルタント仲間でも、どのように働く人を支援していくのか…大げさでなく、毎日のように議論を重ねています。わたしたちキャリアコンサルタントは、お役に立てるよう日々、研鑽を重ねています。

キャリアコンサルティングを通じて、自分の適性や能力、関心などに気づき、自己理解を深めるとともに、社会や企業内にある仕事について理解することにより、その中から自身に合った仕事を主体的に選択できるようになることが期待できます。組織内では、必ずしも自身の希望が叶うわけではありませんが、自身の潜在的なキャリアのニーズに気づき、仕事や能力開発の機会などを通して視野を広げ、自身のキャリア形成を考えていくことが大切です。 

キャリアコンサルティングを通じて自身のキャリアプランを明確にし、そのために必要な知識・資格の習得や仕事の選択を行うなど、自身が希望するキャリアの道筋を実現していくための有力な手段の一つとして、キャリアコンサルティングを活用することができます。

厚生労働省ホームページ

最近こんなお悩みはありませんか。

「職場で発言できない」
「なぜか自信を失ってしまった」
「仕事への意欲が無くなった」
「仕事のストレスが多い」
「転職を悩んでいる」
「リモートワークで孤独を感じる」
「あの頃のやる気を取り戻したい」
「資格取得を悩んでいる」
「セカンドキャリアを考えたい」
「老後資金を考えると不安」

お仕事に関するどんなお悩みもお聞かせください。わたしたちCareer-Now(キャリアナウ)はあなたの悩みを丁寧にヒアリングし、悩み解消の糸口をともに見つけます。キャリア相談無料体験実施中です!お気軽にお申込みください。