志村亜希子

こんにちは。志村亜希子です。
今日は転職を悩んでいる方にお役にたてればと思います。どうぞご覧ください。
志村亜希子についてはこちら

弊社へのご相談でトップ1は「転職しようか悩んでいる」です。
・転職したいがどのようなスキルが必要かわからない
・転職したいが年齢的にできるかどうか不安だ
・転職回数が多すぎて、転職ばかりしていると思われたらどうしよう
・自分は転職ばかりで飽きっぽいのではないかという気がする
・この会社で働きたくないけれど本当に転職が望ましいのかわからない

このような心配から、「転職活動」に踏み切れない方が多いようです。
実際に転職するかどうかは別にして、まずは一度、自分の気持ちの整理、状況や労働市場での価値はどうか、など丁寧に振返るきっかけの一つとして自ら湧いてきた「転職したい」という気持ちと向き合ってみてはいかがでしょうか。きっとあなたはお仕事を一生懸命頑張てこられたことと思います。振り返ることによって「わたしは頑張った、本当は今の会社で認めてほしかった」「今のプロジェクトを続けていく負担が大きくて誰にも相談できない、逃げ出したい(でもそんなことは無責任だと自分では思うから出来ない)」「気の合う同僚がいなくてお昼休みも辛い」「今の仕事を続けることが不安」など本当の自分の気持ちに気づくことができます。これによって、次の一歩、転職するか否かではなく、真に自分らしい行動をするための一歩になるはずです。

この記事が目に留まったあなたは今、『一度自分のことを振り返って、今の殻をやぶって次に進んでみよう』そんなタイミングなのかもしれません。今回は、転機を乗り切るために考え出された理論、ナンシーKシュロスバーグ博士による『シュロスバーグの理論』、「4S」と言われる理論についてかんたんにご紹介します。

ステップ1:リソースを点検する

リソースは大きく4つあります。かけがえのない自分自身のことについて、じっくり振返ってみましょう。すぐに出来ることではありません。じっくりゆっくりリラックスしながら穏やかな気持ちで取り組んでみましょう。
(1)状況 Situation
今の状況に対して評価をする
・この状況は予期していたか
・この状況はプラス?マイナス?
・自分はこの転機(ここでは転職したい気持ち)のどの時点か?開始したばかり?中間?終わり?
・自分が到達したい目標は何か?
・その目標に到達する方法は?(今よりいい方法がありそうか?等)…

(2)自己 Self
・通常、人生に対してどのような見通しを持っているか
・自分はどのくらい幸せを感じているか
・自分は変化に対して立ち向かうか、圧倒されるか
・自分の趣味、スキル、これまでの仕事経験は何か
・ほかの仕事の可能性を探るのに、趣味、スキル、仕事経験をどのように活かせるか

(3)支援 Support
・自分を支えてくれる親族、知人はいるか
・自分を支える親族、知人はこれを機に途絶えたりしてしまうか?それとも大きな支えとなるか
・再就職のための資金、時間、そのほかの支援はあるか

(4)戦略 Strategy
・戦略を遂行するにあたってストレス処理はどうするか
・目の前の課題に応じて戦略を変えられるか…

ステップ2:変化を受け止める

ステップ1でいくつかの戦略を立てつつ、自身のリソースを強化し、立てた戦略から成功が期待できるものを選択します。そして、行動計画を立てて、実際に動いてみましょう。行動計画はより具体的で実現可能な小さなステップを設定しましょう。たとえ目標がどんなに小さくても「行動した自分」「達成した自分」に対する自尊心が高まるだけでなく、将来に対しても、希望が湧いてくることでしょう。また、そうなると他の人に対しても優しくなれたり、素直な気持ちになれたりするため、他人からアドバイスをもらえたり、またアドバイスを素直に受け入れることができるなど、より一層、目標に対しての行動が加速することでしょう。

いかがでしたか?

シュロスバーグ4つの視点からご自分のことを振り返ってみていかがでしたか?
もしも、自分の視点だけで見つからなかったことがあれば、ぜひ、わたしたちキャリアコンサルタントを活用してみてください。

この画像は何でしょうか?

例えば、上の画像、あなたには何に見えますか?
ヘルメットに見える
カエルに見える
ネズミに見える…
この画像の答えは実はありません。何に見えるかは、「あなた次第」。同じものを見ていても、見る人によって何に見えるかは違います。

実生活や仕事、転職でも同じようなことが言えます。例えば自分にはできない、と思うことがあったとしても、他人から見たら、そんなことないよ、できるよ、ということもあります。わたしたちキャリアコンサルタントと対話することで、あなたが問題や課題に対して「リフレーミング(今までの枠組みを変える)」「第三者の視点での気付きを得られるよう」 になり、自分自身について新たな発見をすることが可能となります。友達や家族と話をすることで気づくこともたくさんあると思いますが、わたしたちが家族や知人と大きく異なるのは、①先入観なしのまっさらな視点で対話、②労働市場や働き方について専門的な知識があること、③第三者だからこそ気兼ねなく相談できること、です。

転職活動をしようか悩んでいる、今の自分のことを分析したい…。今後に向けて戦略的に行動したい、実行までフォローしてほしいなどご相談にも対応いたします。お気軽にご相談ください。

わたしたちキャリアナウのメンバーは全員、国家資格キャリアコンサルタントです。安心してご相談ください^^
スタッフ名主な対象
志村亜希子人材育成にご関心のある方
多国籍人材の採用・育成をしたい方
マインドマップにご興味ある方(「マインドマップで交渉力アップ」動画を見る)
相模原市メイン担当
倉﨑佳江30代・40代の方
出産・育児後復帰したい方
横浜市メイン担当
片桐美穂30代・40代の方
セカンドキャリアを考えたい方
キャリアトランプ®にご興味ある方
川崎市メイン担当
斉藤あゆみ20代の方
30代・40代の方
就職・転職したい方(面接準備、レジュメ作成アドバイス)
船津昌己50代の方
セカンドキャリアを考えたい方
学習計画を立てたい方(高校生~社会人リカレント)
阿部慶子セルフマネジメントしたい方
自己肯定感を上げたい方
選択理論心理にご興味ある方
杉浦真由【2022年3月までお休み】
出産・育児後復帰したい方
20代・30代の方
メンタルヘルス・マネジメントにご興味ある方

キャリアコンサルティングを通じて、自分の適性や能力、関心などに気づき、自己理解を深めるとともに、社会や企業内にある仕事について理解することにより、その中から自身に合った仕事を主体的に選択できるようになることが期待できます。組織内では、必ずしも自身の希望が叶うわけではありませんが、自身の潜在的なキャリアのニーズに気づき、仕事や能力開発の機会などを通して視野を広げ、自身のキャリア形成を考えていくことが大切です。

 キャリアコンサルティングを通じて自身のキャリアプランを明確にし、そのために必要な知識・資格の習得や仕事の選択を行うなど、自身が希望するキャリアの道筋を実現していくための有力な手段の一つとして、キャリアコンサルティングを活用することができます。

厚生労働省ホームページ