志村亜希子

こんにちは。志村亜希子です。
今日は、マインドマップでスケジュール管理、のご紹介です。
1日がバタバタとあっという間に過ぎていく。本当に大切なことは実現したい。優先順をもって確実に遂行したい、そんなときにマインドマップはとても有効です。
志村亜希子についてはこちら

マインドマップは日常的に使うことができるってご存じでしたか?
・メモを取る
・スケジュールを管理する
・TODOリストを作る
・議事録を作る
・会議レジュメを作る
・読書メモを作る
・試験対策のメモを作る…など、なんでもマインドマップで描くことができます。

毎日マインドマップを使うことに慣れたい方やマインドマップで毎日やるべきことを整理したい方には、毎日マインドマップを活用することをおすすめします。例えば基本情報は、Googleカレンダーや手帳に書き、各予定には「外せないこと」「準備すること」「そのほか」のことがあれば、週間マインドマップや毎日のマインドマップにそれを落とし込みます。1日のスケジュールでは、その日の朝に気づいたこともマインドマップに追記できるので、1枚のマインドマップに描くことで「タイムスケジュール」「面会者」「TODO」「その他」を視覚的に理解することができ、もれなく行動することができます^^

マインドマップがあなたのプライベートや仕事が充実するための1つのツールとなれば幸いです。

所要時間?

1DAYのマインドマップであれば前日に翌日分のスケジュールマインドマップを、10~20分で気軽に描きましょう!
翌朝通勤前に眺めて気づいたことがあれ追記できるのもマインドマップのいいところ!

用意するもの?

私が愛用している文房具です
  • A4の白紙です。横長に使います。
  • 私の場合はリングノートを使用しています。白が本当は望ましいのですが、私の眼には少し眩しいようで、今は、Rollbahnのノートが、目に優しいクリーム色でとてもお気に入りで使っています。
  • カラーペン(自分のお気に入りのもの)
  • わたしは、今は、TombowのPlay color2ツインタイプ、12色を使っています。

どんな環境でやるの?

自分が落ち着く環境が良いです。例えば私の場合は、コーヒーやお茶、ちょっとほっこりし、自分がリラックスできるような飲み物を用意しています。

どうやって描くの?

  1. 白紙は横長に置きます。カラーペンは1色でもOK。とにかく気負わずに。 1色ではなく多色で描きたいな、と思うようになったらぜひ多色でやってみてくださいね! わたしは、時と場合によってブランチの色を変えます。
  2. セントラルイメージは、その日の気分、日付、イメージに合ったイラストや文字を描きましょう
  3. (1時方向から時計回りに枝を伸ばします)メインブランチを描きましょう メインブランチは、TODOだったり、時間だったり…人によって異なります。
  4. 私の場合は、今日のTODOをメインブランチにして描くことが多いです。こちらの画像はある日曜日のわたしのスケジュール(TODO)です。娘がいますので、娘のことも描いています。忘れっぽいので、その他の項目を設けて、気づいたときに追記できるようにしています。1色で全て描くのもOKですが、わたしはブランチごとに色分けするほうが、視覚的に訴えられるので「やる!」という気持ちになります。
  5. メインブランチからサブブランチを伸ばしましょう

どんな気持ちで描くの?

失敗してもいいんだという気持ちで描きましょう。描きもれていることがあってもブランチを伸ばして追加できるのもマインドマップの良さ!気軽な気持ちで描きましょう!

毎日同じことばかりでマインドマップに変化がない
セントラルイメージを変えてみてはいかがでしょうか?
気持ちをセントラルイメージにする:「笑い」「喜び」「協調」「説明」「優しさ」「強さ」「逞しさ」「丁寧」…。
天気をセントラルイメージにする:晴れ、曇り、雨、夕日、夕立…。
毎日同じことの繰り返し…毎日ルーティンがあるのはとても素晴らしいこと!
ルーティンをマインドマップに描きだすことで、同じ内容でも描き方変えると変わるんだなあとか、体験することができますよ。今日の結果がどうだったかをペンの色を変えて追記してみる。マインドマップをスケジュール管理に、絵日記代わりに。多様に使うことができます。

マインドマップがどんなものか気になる方はぜひ体験なさってみてくださいね。