ブログBlog

Blog

Home > ブログ > なかなか行動に移せないあなたへ

仕事

なかなか行動に移せないあなたへ

「やってみたい」と思うけれど、チャレンジできない。
周りに反対されると「やっぱりできないかも」と諦めてしまう。
数年経つと、
「あの時やっておけばよかった」
「どうしてチャレンジしなかったんだろう」
「やれば今頃変わっていたのに」
そんなふうに後悔したことはありませんか?

目次

後悔先立たず

あの建物の資格を取れば今ごろ…
英語ができれば今ごろ…
もっと勉強していれば…
過去に何度も押し寄せる後悔の波にあなたは悔しい思いをなさった経験はありませんか。

ひょっとしたら子供の頃からそのような思いを抱えていたのかもしれません。
小学校での運動会や文化祭でのイベントで
高校を選択するときに
大学を選択するときに
大学を卒業するときに
仕事を始めるときに


ライフステージが変化するたびに、後悔してきた経験があるかもしれません。そして、後悔と同時に思うのです「今やろう、今ならできるかもしれない、後悔したくない。チャレンジしよう」と。

揺らぐ決意

「間に合うかもしれない、今の自分ならできるかもしれない。チャレンジしてみよう」そう思って周りの人に話してみたとき。

「何寝ぼけたこと言ってるの?」
「今からそんなこと始めるなんて無駄」
「無理に決まってるじゃない、よしなさいよ」
「もっと現実を見たら?」
「普通はそんなことしないよ」
「もっと真剣に考えたら?」
そんなふうに言われたことはありませんか?

その時あなたはどんな気持ちになったでしょうか。
「やっぱり自分には無理かもしれない」
「なんてわたしは非現実的なことを言ってしまったのだろう」
「チャレンジするなんて無謀すぎるのだろうか」
「当たり障りない判断をしよう」
「夢のようなことを言うのはよそう」
「信頼する●●さんが言ってるんだ。だから出来っこない」
と思いながらも、心の奥底では『自分のやる気、行動を認めてもらえなかった悲しみ』でいっぱいではないでしょうか。そしていつの間にかチャレンジしたり、行動する気持ちを忘れてしまったりしていませんか。

正解でも間違いでもない

あなたの周りに「できるかもしれない。チャレンジしたい」と伝えたときに、周囲は、それぞれの価値観であなたにアドバイスをしてくれています。価値観は一人ひとり異なります。育ってきた環境や、もともとの素質、学習経験などにより全く変わってくるため10人いたら10人違うアドバイスを言う可能性もあります。ですから、「一人ひとり価値観は異なるのだ。こういう意見もあるものだ。勉強になる」とまずは理解し、すべてのアドバイスを自分なりに咀嚼し、受け止め、そのうえで、あなたはあなたの価値観をベースに自信をもって行動しましょう。

それでも行動できないとき

「頭でわかっても行動できない」
「行動する自信が無い」
「チャレンジした時の失敗がこわい」
「会議で発言するのがこわい」
「異動を申し出たいが言い出せない」

周りからの影響だったり、そのほかの影響を理由に、いつの間にか、あなたはご自分の気持ちや価値観などを認められなくなってしまったのかもしれません。それは無理もありません。わたしたちはとても多くのひとと「かかわり合い」をしながら生活しているからです。多様な価値観に触れ、時には受け入れられなかったり、拒否反応が起きてしまったり、そのうち心を閉ざしてしまった、そんなこともあるかもしれません。

わたしたちキャリアコンサルタントがあなたの気持ちを丁寧に聴き、あなた自身がご自分の想いや考えに気づき、言葉にできるように支援します。自分の気持ちを、思いついたまま話していただいても構いません。まずは、あなたのお気持ちをお聞かせください。

キャリアコンサルティングの結果

あなたはご自分の大切にしている価値観や想いに気づくことができ、自分の気持ちがハッキリわかるようになるので自分の気持ちに正直になることができます。そして、そのような自分を誇らしく、自信をもつことができるでしょう。


「あなたがあなたという存在を大切にする」ことができれば、●●したい、チャレンジしたいといった気持ちにに自信を持ち、素直に行動できるようになるはずです。わたしたちは、あなたが日常や仕事の中で適切に行動できるように後押しさせていただきます。

シェアするShare

ブログ一覧