Career-Now(キャリアナウ)で活躍中の国家資格キャリアコンサルタントが、読者の皆さまの「仕事」や「職場」、「キャリア」に関するお悩みにお答えします。今回のご相談者は、リモートワークがスタートして約1年、週2回の出社以外はダラダラしてしまう30代男性の方です。

今回のお悩みに回答させていただくのは、キャリアナウ代表でキャリアコンサルタントの志村亜希子です。さて、どのようなアドバイスをするのでしょうか?

相談者


リモートワークが約1年続いています。週2回出社しますが、それ以外の日はついダラダラしてしまいます。このままではいけないとわかっていつつも、どうしていいかわかりません。

はじめまして。タダと申します。30代男性、既婚です。
去年からリモートワークが始まりました。最初の頃は、試行錯誤だったり、オンラインミーティングも珍しかったり、緊張感があったので、まじめに仕事をしていました。しかし、リモートワーク開始から1年経ち、慣れもあってか、どうも仕事に集中することができません。ネットで調べることがあり調べ出すと、ついネットサーフィンをしてあっという間に20分くらい経過してしまっています。週に2回出社をするので、その時はここぞとばかりに気合を入れて出社しますし、その場ではとてもまじめな態度でいるので、わたしが在宅時にダラダラ過ごしているとは思われていないと思います。でも、このような生活がいつまでも続くと、私自身が腐ってしまうのではないか、ダラダラしているのがいつかバレるのではないか、同僚たちはどうなんだろう?と気になってきました。でもどうしていいかわかりません。

わたしのキャリアは、4年前に転職し、現在、保険やクレジットカードバックオフィスで働いています。保険やカードの申込・申請関連の書類処理やデータ入力、管理が主な業務からスタートしました。1年前から、スーパーバイザーとして現場を監督、管理、運用をサポートしています。

1年もリモートワークが続くと、慣れからかだんだん仕事に集中できていない自分を感じています。同僚と会う機会も減り、自分だけやる気がないのでは?という気持ちになってしまいます。仕事へのハリも自分の成長も感じることができず、上司や同僚のことも気になり、焦ります。どうすればいいでしょうか。

志村亜希子

まずダラダラしてしていると感じる自分の感情を否定せず受け入れる。そして、どんなときにダラダラするのかタイミングを確認し、その裏にある「真の理由」に気づく。対応策は必ず自分の中にあります
 
はじめまして。国家資格キャリアコンサルタントの志村亜希子です。今日は、キャリアナウにご相談くださりありがとうございます。タダさんは、リモートワークになってからダラダラしてしまうようになったこと、同僚においてかれるのでないかと焦る気持ちがあるとのこと。

本日はその気持ちを正直に聞かせていただきありがとうございます。リモートワークが続くと、このままでいいのかと焦るようようになったタダさんのお気持ちお察しします。今日はタダさんが安心して、ご自分の気持ちに素直に判断できるようアドバイスできればと思います。

========
まず、
人間はとても弱いもので、抑止力が無いとつい易きに流れてしまうことがあります。タダさんの意思が弱い、とか真面目ではないからということではなく、わたしたち人間はそういうものだと受け入れましょう。だから、多くの人が悩み、対策をとるのですよね。ダラダラしてしていると感じる自分の感情を否定せず受け入れると、客観的にご自分のことを振り返ることができるようになり、対策を取れるようになると思いますよ。
 
次に、
確認してみてほしいことがあります。それは、タダさんが仕事中にダラダラしていると感じるタイミングはいつ(どのようなとき)でしょうか。
例えば、タダさんご自身がおっしゃるように、わからないことがありネットで調べ始めたとき、ですよね。それ以外にもそういう場面はありませんか。
例えば…
✓飲み物を取りに冷蔵庫に行ったはずなのに、ついでに別のことをしてしまう
✓仕事を進捗するうえで不明点があるが(目の前に)上司がいないためすぐに確認できずにいるとき…等
どんなささいなことでも思い出して書き出してみましょう。

書き出すことで客観的な視点で自分の行動を認識することができるようになるため、その場面がまた訪れたときに、ダラダラするきっかけに対する抑止力が高まる可能性がありますよ。

また、わたしは、ダラダラしている自分は腐ってしまうと心配していようなるタダさんが、積極的にダラダラするように思えませんが、いかがでしょうか。ダラダラしている「タイミング」を認識することで、ダラダラになる「真の理由」を知るきっかけになります。
真の理由がわかると、多田さんご自身で対応策が見つかる可能性がありますよ。

また、
同僚たちがどのような状況か気になり焦るとのことですが、出勤した時に同僚の方と普段以上に、積極的にコミュニケーションをとり、お互いの近況報告などもし合うようにすると、お互いの仕事ぶりなどを共有し合うきっかけになり、モチベーションアップに繋がることもあるかもしれませんよ。

いかがでしたか。真の理由が見つからない、あるいは、真の理由がわかったが、解決策を考える時間がない、思い浮かばないときは、Career-Now(キャリアナウ)のキャリア相談をぜひご利用くださいね。タダさまのご活躍を応援しています。

キャリー

Career-Now(キャリアナウ)のクライエントさま満足度は95%超え!
(2020.2-2021.3当社調べ)

Career-Now(キャリアナウ)では、一人ひとりの「仕事」や「職場」、「キャリア」に関するお悩みが軽減するようサポートします。
安心安全な場で、あなたのキャリアに対する気持ちを素直に開放してみませんか?
無料体験受付中です。